直接雇用と派遣の比較

今回は直接雇用と派遣のメリットの違いを考えてみようと思います。

派遣スタッフのメリットは何があると思いますか?実際に派遣スタッフとして働いている人たちにインタビューしてみるとその答えが見えてきます。皆さんの理由の中で多かったは好きな勤務地を選べる事、勤務期間や勤務時間を選べる事。私生活との両立がしやすい事などが挙げられました。やはり正社員として働く場合の勤務地は会社の所在地になりますが、支店などがある場合はその移動があったりします。俗に言う転勤ですね。大手になってくると転勤は少なくはありません。更に言うと、勤務期間の定めはないものの、勤務時間に関しては残業等により長くなってしまう傾向にあります。こういった期間や時間、勤務地に関してだけで考えると派遣スタッフにとって育児や介護などの家庭と仕事の両立という観点からみると自由度の高い派遣は大きな魅力に映るのかもしれませんね。

仕事をしていると色々な事が起こりますね。応募する前に描いていたイメージと実際に入社して感じるイメージが大きな乖離がある事があります。面接の際にどれだけ質問をしても正確なイメージを作り上げる事は難しい事です。もちろん派遣スタッフであっても、これは同様です。しかし派遣は派遣元の会社の担当者と相談する事により、新たな派遣先に勤務地を変更して貰う事が可能です。更には仕事をする前に描いていたイメージと大きな乖離があたとしても、派遣元の担当者は派遣スタッフの大きな味方になってくれるため
相談に乗ってくれたり、営業マンがフォローをしてくれたりというオプションが存在いるのは派遣の大きな魅力となるかもしれません。

派遣元の担当者は派遣スタッフの為にスキルやキャリアを考慮した仕事を探してくれますので、しっかりとコミュニケーションを取る事により、自分にマッチした仕事をする事が可能になります。

また派遣会社によってはキャリアアッププランの用意があったりします。派遣会社が実施する講習や研修を受ける事でスキルアップをし、更に条件の良い職場を選ぶ事が可能になったりします。もちろん、パートやアルバイトであってもキャリアアップ研修を用意される事はありますが、現状あまり本格的な研修を行っているという話は耳に入りません。やはり同じ職場で様々なスキルを得るというのは難しい事なのかもしれません。

派遣スタッフに対する独自調査を実施した所、仕事の内容ややりがいがある!と返答した人は過半数を超え、パートやアルバイトスタッフでは2割弱という結果になった事からも分かる通り、キャリアアップやスキルアップというのは派遣スタッフの方が実感出来るケースが多いようです。将来を見据えて、どちらを選択した方がモチベーションをあげられるのか?といった観点で考えると、派遣会社の方がやりがいを得られやすい事が分かります。直接雇用であればモチベーションが高くなる!といった事はないように感じました。
今回は派遣社員のメリットについて考察してみましたが、実際にはパート・アルバイトにももちろんメリットがあり、派遣社員には派遣社員のデメリットがあります。雇用形態が大切なのは間違いない事ですが、それ以上に自分にあった仕事であるか?自分にあった職場であるか?という事の方が大事な気がします。これから仕事を探す!という人は、まず自分の心が動いた仕事、自分の興味が沸く仕事を見つけたら積極的に説明を聞きに行くなり、応募してしまうなりしてしまうと良いと思います。待っているよりは、掴みにいった方が成功率は格段に上がると思います。まだ色々悩んでいる人は、自分にあった企業はどんな企業だろう?自分にあった仕事はどんな仕事だろう?と考えてみるといいかもしれません。色々考えてみて、自分なりに整理していく事で新しい道が見えるかもしれません。

SNSでもご購読できます。